結婚式を挙げるまでにはどのような事をすべきなのかご存知ですか?
もし結婚をしたい、する予定だという人は今後自分たちがどのような感じで勧めていくべきかをしっかりと理解しておきましょう。

まず最初にすべきことは、2人で結婚の意思を確認する事です。 お互いに本当に今後一緒に生活をしていくつもりなのか、添い遂げていくつもりなのかを確認する様にしましょう。
そうして2人の中で気持ちが一つになったと思ったら、次は両家の親へ結婚の報告・許可を得るところへ進みます。 両家の親には前もって結婚したい事を伝えておくようにしましょう。 いきなり連れて行っても親が困ってしまいます。 また予定を聞かずに行くのも良くないので、前もって親の暇な時を聞いておくべきです。
次に両親への挨拶は、しっかりとマナーを守って臨むのが重要です。 服装・手土産・言葉・話題、相手の事を知っているという人もいますが、やはりしっかりと区切りを付ける為にも挨拶は正しく行うようにしましょう。

結婚の許しを得る事が出来たら、次はどんな式にするかを決めます。 もしそこで両者に拘りがあるならしっかりと相談して決めるのが重要です。 またこだわりがないなら色々な物を見てみて、何に興味を引かれたかで決めるのも良いでしょう。 ある程度の形が決まってきたら、予算を決めます。
そして、その数字が大体出てきたら結婚式場へ相談しに行ってみましょう。 予算や希望等から見積もりを出してもらうことができるし、ドレスの試着や料理の試食等も行っていたり、式場の見学等もできるのでお勧めです。 式場を決めたら、次は担当の人と色々と決めていく事になります。 どんな式にしたいか、希望のプラン、またどれくらいの人に参列してもらうかなど細かく色々と決めましょう。 またこのときですが招待状も作る必要があります。 宛名書きは式場の方でも行って貰えますが、自分たちで書いても大丈夫です。

もう一つ忘れてはいけないのが式の日取りです。 現在ではあまり大安とか友引とかを気にしない人が増えてきていますが、やはり親世代はそれを気にする人が結構いる事を忘れてはいけません。 できれば自分たちだけで決めてしまうのではなく、まわりの意見にも耳を貸すようにしましょう。
あとは新居の準備や披露宴の準備等を行っていくと、ようやく結婚式を挙げる日になります。 短期間で行うこともできますが、出来るだけ自分たちらしい物にしたいと思うのであればある程度時間を掛けるのもお勧めです。

とはいえ、実際に結婚式の妄想ばかり膨らませていても何も始まりません。まずはしっかり相手を見つけるところから始めなくてはなりません。 自分にとって求める人はどんな人なのかをもう一度考え直してみましょう。
妥協も必要なのかと思いますが、なるべく妥協はしたくないですよね。できる限り理想の相手を見つける為には多くの人と出逢う必要があるので、最近では「街コン」が人気が出ています。しかし、街コンでは大人数過ぎることからなかなか成功に結びつかないという声もあります。
そこで、まずは街コンよりも婚活東京の占い相談からやってみて、数撃ち当たる作戦ではなく「狙い撃ち作戦」に切り替えてみてはいかがでしょうか。狙い撃ちモードに入れば意外なところでの出逢いもあるかも知れません。